東京のドイツ式フットケアで、トラブルだらけの足がつるつるピカピカに

東京のあるドイツ式フットケアに興味を持ちサロンへ

初めてサロンを訪れたときには、なんとなく歯医者さんに行った時のような不安な気持ちになっていたのですが、サロンのスタッフの方がとても丁寧に相談に乗ってくれて、こちらの緊張を察して気持ちをほぐすようなソフトな接客を心掛けてくれているのが感じられてだんだんリラックスできるようになりました。
日本ではまだあまりなじみが薄いドイツ式フットケアですが、日常的に靴を履いて生活しているヨーロッパでは足の治療専門の施術者がおり、本格的な職業の一つとして日本よりもはるか昔からケアが行われていたのだそうです。
日本では靴を履いて過ごすという生活が定着してから欧米に比べて日が浅いのですが、やはり同じように靴やハイヒールなどの影響で足に様々なトラブルが増加しているとのことです。
日本では本格的な足専用のケアが始められてからまだ数十年と日が浅いけれど、足の悩みやトラブルを多くの人は我慢してきたようです。
私もその一人で、長く履いても皮膚の一部のようにフィットする靴と出会うことはなかなかなく、靴は履き心地よりもデザインのほうを優先してしまっていました。
まずは足の状態を診察してから、どんな部分にトラブルがあるのかを問診とともにチェックしてもらい、いよいよ施術の始まりです。

タコや魚の目など足のトラブルに悩まされてきた東京のあるドイツ式フットケアに興味を持ちサロンへサロンでかかとのがさがさも爪もつるつるピカピカに