東京のドイツ式フットケアで、トラブルだらけの足がつるつるピカピカに

タコや魚の目など足のトラブルに悩まされてきた

足のトラブルはこれまでも随分と悩まされ続けてきました。
足の裏にはいつも同じところにタコができてしまい、時々魚の目ができて痛むのにも悩んでいました。
魚の目は専用の絆創膏のような市販のものを使ってできるたびに自分で取り除いていたのですが、同じところに何度もできてしまうのは何か他に理由があるのかもしれないとずっと思ってきました。
そして足のかかとがガサガサするのもすごく嫌で、お風呂に入った時にやすりでこするとその時は一瞬滑らかな手触りになるけれど、クリームで無理やり潤いを与える方法なので、結局時間がたてばまた同じようにガサガサのかかとになってしまうので、春から夏にかけての素足の季節になるのがいつも憂鬱で仕方がなかったんです。
そんな時に、東京のあるドイツ式フットケアのことを知って、ちょっと興味を持ちました。

本格的なドイツ式のフットケアというのは足から体の改善を図れる本格的な施術で、足の痛みや不快感を我慢し続けたことで知らず知らずの間に歩く時の体のバランスが崩れてひざの痛みや腰痛などを起こすのを、専門的なケアによって改善して健康的な足にするというコンセプトのもとに行われるケア方法です。
いつも同じところにできていた魚の目やタコは、やはり合わない靴や歩行バランスの悪さで同じ部位に圧力がかかりやすいためにできるものなのだそうで、私が訪れたサロンではドイツの専用機器を使用して肌を傷つけずすっきりとした足に整えてくれる効果があるとされていました。

タコや魚の目など足のトラブルに悩まされてきた東京のあるドイツ式フットケアに興味を持ちサロンへサロンでかかとのがさがさも爪もつるつるピカピカに